2007年12月02日

外断熱とは?

外断熱とは、建物の柱の外側に断熱材を貼る構造です。

外断熱の逆の内断熱では柱と柱の間に断熱材を入れます。

内断熱では、一般的にはグラスウールやロックウールという綿状の断熱材が使用されますが、外断熱では建物の外側から板状の断熱材を貼っていきます。外張り断熱ともいいます。

内断熱は柱と柱の間に断熱材を充填することから、充填断熱ともいいます。

外断熱のメリット>
・結露が少ない。
・気密が取り易い。
・施工し易い。 

外断熱のデメリット>
・壁厚が増える。
・コストが高い。
・外装材が制限される。
posted by 断熱・外断熱 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 外断熱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70556736
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。