2008年01月30日

省エネルギー基準とは

省エネルギー基準とは、
国が断熱性能について定めたもの。
以下の3つの基準があり、順に厳しい性能を要求する内容になります。

1.旧省エネルギー基準
住宅性能評価 温熱環境等級2/昭和55年に制定された省エネルギー法に基づいて定められた省エネ基準。住宅金融公庫の融資を受ける際の必須基準。

2.新省エネルギー基準
住宅性能評価 温熱環境等級3/平成4年に定められた省エネ基準。旧省エネ基準よりかなり強化され、住宅金融公庫の省エネルギー割増融資や基準金利適用要件になります。

3.次世代省エネルギー基準
住宅性能評価 温熱環境等級4/平成11年に定めれた最高レベルの基準。欧米先進国並みの断熱基準を採用し、いわゆる 「高気密・高断熱住宅 」とはこの基準をクリアしたもの。

posted by 断熱・外断熱 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 省エネルギー基準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。