2008年02月24日

熱貫流率(K値)とは

熱貫流率とは?

熱貫流率とは建物の壁や床や窓等の断熱性能を表す数値です。

壁や床や窓等の両側の温度差を1℃とした場合、

1m2の広さについて1時間に何キロカロリーの熱が伝わるかを
示した値でK値と呼ばれます。

この値が小さいほど熱を伝えにくく、断熱性能が優れています。

熱貫流率は伝わった熱量を壁・床・窓等の面積と温度差で割って計算します。

ですので、単位としてはW/m2・K という単位になります。
ラベル:熱貫流率 K値
posted by 断熱・外断熱 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 熱貫流率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。