2008年02月13日

Q値(熱損失係数)の地域区分による基準値

住宅金融公庫では、次世代省エネ基準による割増融資が受けられます。

その割増融資を受けるためにはQ値基準値を満たす必要があります。

Q値には地域により基準値が分けられており、以下の通りです。

<地域区分>
:北海道
 1.6 W/u・K

U:青森、岩手、秋田
 1.9 W/u・K

V:宮城、山形、福島、栃木、長野、新潟
 2.4 W/u・K

W:茨城、群馬、山梨、富山、石川、福井、岐阜、滋賀
  埼玉、千葉、東京、神奈川、静岡、愛知、三重、京都
  大阪、和歌山、兵庫、奈良、岡山、広島、山口、島根
  鳥取、香川、愛媛、徳島、高知、福岡、佐賀、長崎
  大分、熊本
 2.7 W/u・K

X:宮崎、鹿児島
 2.7 W/u・K

Y:沖縄
 3.7 W/u・K


この住宅の保温性能を表す「Q値」は住宅の省エネルギーにおいて最も重要な指標であると言えます。
posted by 断熱・外断熱 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Q値 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

ハウスメーカーのQ値の実態

ハウスメーカーカタログのQ値と実際のQ値では違う?

こう言うと驚く方も多いでしょうが、Q値というのは一つ一つの物件
で異なります。

当然、カタログのQ値というのは、ある特定のプランでの値で、
実際に建てたときのQ値とは違います。

例えば、カタログでQ値2.0W/u℃とあっても、
実際自分の家を測定すると2.5W/u℃だった、なんてこともあります。

なぜでしょうか?

Q値とは、建物の床面積と外壁面積、サッシの面積、屋根面積と換気量の合計熱損失量を建物の延床面積で割った値。

そのため、下図のように同じ床面積でも、外壁面積が大きくなるような間取りほどQ値計算では不利になります。

<A>
 ― ―
|   | ⇒延床面積:4 外周(外壁):8
|   |
 ― ―

<B>
 ―
| |
| |  ⇒延床面積:4 外周(外壁):10
| |
| |
 ―

従い、外周が多い、即ち外壁面積が多いBのQ値の方が
大きくなります。(=熱損失量が多い)

なので、Q値は、建物の形状、間取りで異なるということになります。

カタログの数値だけに惑わされず、ハウスメーカーの各部位の仕様がどうなっているかも確認しておきましょう!

間違いだらけのハウスメーカー選び(4(本当にあったトラブルとその)

posted by 断熱・外断熱 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Q値 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Q値の求め方

Q値は実際どのように求めるのでしょうか?

実際に熱損失係数Q値を求めて見ます。

1.延床面積を求める
 延床面積とは・・・
 建築物の各階の「床面積」の合計のこと。

2.気積を求める
 気積とは・・・
 場所の床面積×高さのこと。単位は立方メートル。
 建築基準法における「容積率」とは敷地面積に対しての延べ床面積
 の割合。なので、気積と容積は違うことに注意しましょう。

3.壁・床・天井の面積を求める

4.各部位の仕様に準じて熱貫流率K値を求める
 熱貫流率K値とは・・・
 壁の両側の空気温度に1度の差があるときに、
 単位時間あたりに壁1uを通過する熱量

5.換気による熱損失を求める

6.上記の算出結果をまとめ、総熱損失量を延床面積で割り、
  Q値を算出する

  Q=(QR+QW+QF+QV)/(延床面積)
     QR:屋根・天井から逃げる熱
     QW:外壁・窓から逃げる熱
     QF:床から逃げる熱
     QV:換気で逃げる熱
「高断熱・高気密」バイブル

posted by 断熱・外断熱 at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Q値 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

Q値とは?

Q値とは、熱損失係数のことで、住宅の断熱性能を数値的に表したものです。

1時間あたりに建物全体からどれだけのエネルギー(熱量)が逃げていくかを示した数値のことです。

さらに詳しく言うと、住宅の内外の温度差が1℃の時、建物内部から外部へ床面積1uあたり1時間で流出する熱量を表した係数です。

なので、この数字が小さいほど、熱が逃げにくいということになり、
断熱性能が良いということになります。

断熱材、窓、サッシ、壁、屋根の断熱性能などに大きく関係しています。

いろんなメーカーやいろんな構造の断熱性能を比べるときに
Q値で比較すると一目瞭然です!!!

このQ値が小さいほど、結露しにくく、効率的な冷暖房ができます。従い、家も長持ち、電気代節約ということになりますね。

ぜひQ値を意識した家作り、家選びをしてください。
posted by 断熱・外断熱 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Q値 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。